« ホーボー日記 | トップページ | 最新ライヴリポート (2006.2.19) »

2006年2月11日 (土)

ホーボー日記

時の儚さについては、人と出逢いそして別れてきた旅人としてせつないものだと知っている。自分の小さな思惑の中に溺れ、時に目をつぶって生きてきた30代があった。しかし、命が永遠で無い事を実感する今は時の儚さが狂おしい程愛おしい。月の輝きをみつめていると、人の命程短いものは無いと、届くはずも無い月に手を延ばしてみてまた知ってしまう。時を大切にしっかり生きていければ、その命もきっと輝きを増すのだろう。

父や母は一体どんな思いで私の人生をみているのだろうか?

親友に子供ができた。女にとっては新しい世界への未知との遭遇だ。女の人生も色々あって、一生子と巡り会う事なく過ごす人もいる。私もまだその内の一人であるし、こればかりは自分で選ぶ事は出来ないと思っている。医学の進歩で子供を持つ人を否定はしない。20代後半から友達が一人、また一人と母へとなっていくのを見て来た。そして、子供は出来ないだろうと医者に宣告されていた妹にも3人の子供がいる。女が母へとなって行く時、女はまた新しい人生を授けられたようなものかも知れない。だから母になった女に怖いものが無くなるのかも知れない。この事に関してはまだ憶測に過ぎない話なのだが、人生のパートナーとなろうとした男を深く愛する事に少なからずも似ているのではないだろうか?子供を持つ母親からは、それは違うとお叱りがあるかも知れないが......。親友と話していて、子を思う時に感じる時の儚さは、男を愛する女の気持ちにも似ていると感じ共鳴したからだ。どこかで話題の共通性を見出せないのでは無いかとじっくり会うのを怖がってはいたが、親友は私になにか別の部分のインスピレ−ションをくれた。

彼女には数曲送った曲があるが、昨日の彼女との再びの出逢いにこの曲を送りたい。

    母 の イ・ノ・リ

 乳を飲む わが子を 胸に抱き
 いつか この子も 大きくなって 
 私のこの手を 離れて歩く
 きっとすぐに その日がくるでしょう

   時の儚さに 涙する
   人の命の 儚さに 涙する

  *鳥よ 雲よ 空よ 大地よ
     生まれたこの命を 守りたまえ

 @ライライラ−イ ライライラーイ 大きくなれ
  ライライラーイ ライライラーイ 大きくなれ

 膝の上で 誇らし気に立つ
 毎日変わる わが子のしぐさ
 初めて聴いた かわいい声で
 この子は 何をつかむのでしょうか 

   時の 儚さに 涙する
   人の命の 儚さに 涙する

  *鳥よ 雲よ 空よ 大地よ
     生まれたこの命を 守りたまえ
    
 @ライライラーイ ライライラーイ 大きくなれ
  ライライラーイ ライライラーイ 大きくなれ

   時を越えて 君に伝える
   母は いつも そばにいるよと
      
  *鳥よ 雲よ 空よ 大地よ
     生まれたこの命を 守りたまえ

 @ライライラーイ ライライラーイ 大きくなれ
  ライライラーイ ライライラーイ 大きくなれ 

                                                      
            

|

« ホーボー日記 | トップページ | 最新ライヴリポート (2006.2.19) »

ホーボー日記(〜2007年)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。母になると・・ですか~。
たぶん、人生とかそういうことに対して人によって考え方が違うように、
子どもに対しても違いがあるかもしれませんが、
私の場合は・・母親になったことで自分が変わったというより
新しい一面がプラスされたって感じでしょうか。
だから、今までとほとんど何も変わっていません。
たまに自分自身で「なんか母親してるな~」とか思ったりして。(笑)
あと、私の場合は男と子どもへの愛情は別物です。
これは私が男への執着心があんまりないからだと思います。(笑)
それと子どものほうが弱い者だからかな。
男は放っておいても一人でなんとかなるし。
って、これはたんに男を深く愛してないから??あれ?(爆)

投稿: かな | 2006年2月13日 (月) 03時55分

けいこさん、今夜は意外なところで?お知り合いになれてうれしかったです!

今日ちょうど、日記の内容と同じ感じの話を知人としていたところなので、不思議なご縁を感じました。

これからもまたブログに遊びに来ますので、よろしくお願いします☆

投稿: WAN | 2006年2月12日 (日) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/673683

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー日記:

« ホーボー日記 | トップページ | 最新ライヴリポート (2006.2.19) »