« スケジュール (2006.2.3)   | トップページ | スケジュール (2006.2.19)   »

2006年2月 6日 (月)

最新ライヴリポート (2006.2.3)

2006. 2. 3@稲生座 地元高円寺の老舗LIVE HOUSE稲生座。歴史を感じさせる不思議な店でした。ひょんな事からの出来事で考える暇も無く...。素晴らしい体験となりました。

夕方から急に北風が怒り出したように吹き荒れる中、藤井裕と二人、黙々とスタスタひたすらJR高円寺駅北口方面にある稲生座へ。なんだかいつもと違って少し気楽な思いで....。前日の夜(?朝?)までのミーティング?リハ?鍋呑み会?で少々二日酔いぎみの私は、お店に入ったとたんトリップしたような感覚に陥った。長い歴史が創った店内全てが、まるで生き物のように私に語りかけてくるようでキョロキョロ。あまりの寒さで室内に入ってからもしばらくはコートも脱げず、カウンターに腰をおろしたまま語りかけてくる何かに身体の神経を集中させていた。プーンと漂ってくるアルコールの匂いでまた昨夜の夢のような一夜を思い出す。藤井裕が一つ離れた席で、もう焼酎のお湯割りを呑んでいた。私...。今はまだいい。まだ煙草も吸いたく無いのに....。
藤井裕はいつもの調子で静かにマイペースに自分の時間の中をゆっくりと泳いでいるようだった。私は彼にいつも「自分のペース」というものを無言で教えられているような気がする。言葉少ない彼のそばにいると自分も自分のペースで落ち着いていくのを実感できる。淡々としたライブ前の時間がゆっくりと流れていく。自分がゲストであるLIVEの気楽さを実感して、久しぶりにLIVEを楽しもうという充分な余裕を感じながら。

本番前はいつも出来るだけ会場とは空気を変える為にどこかへ少し軽く一杯でかけるが、お酒を呑まない加藤義明はステージ前に「ひげをそるから」と言う事で、この日は藤井裕と二人で近くの手頃な一品のある居酒屋でホッピーを一杯と、あてはやっぱり「ぎょうざ」。にんにくパワーを教えてくれたのも藤井裕かも知れない。これで二日酔いもパワーに変わるだろう。
会場に戻ってみると30人程の店内も良い感じに盛り上がっている。あんまり急なオファーだっただけにあまりお客さんの入りを期待していなかったが、お店にたくさんの音楽好きな常連さんがいるようだ。マスターはギターリストでエミさんはピアニスト。売れなかったからこんな気まぐれな我がままな店を続けられていると言う。

さて、加藤義明のステージが始まった。ひげはそられていない....。彼はゆっくりと自分の世界を自分のリズムで徐々に広げて行く...。私も自然にお店の一部になって行くような錯角に陥りながらLIVEの時間の流れのようなものを身体で実感してみる。久しぶりに歴史を感じるカッコよさを加藤義明に見る。やっぱり彼はカッコ良いミュージシャンだ。若い子達も食入るように何かを感じようとしているのがわかる。村八分からの年輩のお客さんもいる。大きな波でゆったりとしたカントリーブルースの世界と加藤義明ワールドの歌詞のついたオーシャンゼリゼ!!しゃれた世界だぜ!!!
場の雰囲気があったまった頃呼ばれた。なんだか自分まで加藤義明に影響されたようで、やたらと落ち着いている。藤井裕が居ると言う安心感があるからだろうか〜?いや、その全てに加え、年末からガムシャラにステージにたって来た成果からかも知れない。なんだかいつにない自分に出逢った気がした。やっぱりこんな時にミラクルは起きるのだ!藤井裕の弾丸ベースに加藤義明のなんとも言えないカッコ良いギターがからんでおもしろいぐらいに唄がsexyに泳いでいった〜!あ〜!久しぶりにVOCALだけに専念させて貰えた事が良かったのかも知れない!!夢のようなこのセッションは、ア〜〜〜ッと言う間に終わってしまった。
今後この3人がどう言う形でまたセッションできるのか今の所誰にもわからないが、なんのいたずらか突然にこんな時間を持てた事をとても嬉しく思う。そして、必ず次回が来る事を切に願う。幸せな時間ありがと〜う!

|

« スケジュール (2006.2.3)   | トップページ | スケジュール (2006.2.19)   »

ライヴリポート(~2007年)」カテゴリの記事

コメント

応援しています!のみ亭やっちゃんの仲間ムービーカメラマンのSharakuです。退院しました。

投稿: sharaku | 2006年4月12日 (水) 23時45分

なんだか雰囲気伝わってくるなー
読んでるこっちまで落ち着いた雰囲気になります。
ありがとう

投稿: とし | 2006年2月 7日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/625033

この記事へのトラックバック一覧です: 最新ライヴリポート (2006.2.3):

» あずみ けいこ さんの最新ライヴレポートについて [Kirkの独白]
 あずみ けいこ さんの最新ライヴレポート (2006. 2. 3) を読みまし [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 13時05分

« スケジュール (2006.2.3)   | トップページ | スケジュール (2006.2.19)   »