« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »

2006年7月 6日 (木)

ホーボー日記

梅雨らしい一日。

雨は全ての音を消すように静かに永遠と降っていた。

昨日、一通の葉書を受け取った。沖縄の友人のお店から6周年のお知らせだった。

もうすっかり沖縄は夏だよとメッセージが添えられている。

一瞬にして沖縄の眩しい太陽を浴びた感覚に陥る。

随分長く沖縄の太陽を見ていないな........。一時期、年に4,5回は唄いに行っていた。

本島を訪れる度に離島にも足を延ばし...........。沖縄では「ちゅらら風」と言う曲を生む事ができた。

どうしているのかな?
その友人は大阪時代からの知り合いだったが、沖縄に移住した彼女に再び沖縄で出逢ったのがきっかけで以来良く呑んで色々な話をした。
ちょうどお店を開店させる時も良く知っている。何度もお店でLIVEもした。

私にとって彼女は沖縄の太陽のような存在だ。

6周年か........。あっと言う間に時間は過ぎてゆく。

花屋の店先に、ちょうど仕入れたばかりだというひまわりが元気よく背比べをしているようにみえた。OPENの時にもひまわりを送った。

「ひまわり」を送ろう............。

雨はまた少し強く降り出した。
そう云えば子供の頃、長靴を履いてわざわざ水たまりの中を歩くのが大好きだったな.................。と、花屋の店先でぼんやりと雨を眺めていた。

そうだ!久しぶりに自宅にも花を買おう〜

ひまわりの横でまるまるっとした小さな花をたくさんつけた白い花を選んだ。

「オールドファンタジー」バラの一種だと言う。

そのかわいい花束を持って帰るのがとっても嬉しくて、思わず水たまりの中を歩いていた。

まるで初めてお使いを頼まれた少女のような気分で...............。



   ちゅらら風

   作詞・作曲/あずみけいこ 

でいごの木に抱かれて 私は大きくなりました
お空の雲を眺めて 色んな話をしました

  *いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら
   いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら

学校帰り並んで咲く 白いアマリリス唄うよ
今日も幸せみつけたか そっとささやくように揺れた

  *いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら
   いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら

少し大人になったなら 波音が恋しくなりました
浜辺で夕陽を眺めてた 涙が一粒こぼれ落ちた

  *いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら
   いちゃリばちょうでい ちゅらちゅら

あなたは遠くへ行きました 小舟に揺られ独りで
いつかまた会えるかしら お空の月に訪ねました

  *いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら
   いちゃりばちょうでい ちゅらちゅら

*いちゃりばちょうでい:せっかく縁があって出会ったん
               だから兄弟みたいなもの
*ちゅら:美しい、清らか

|

« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »

ホーボー日記(〜2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/2518021

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー日記:

« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »