« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »

2007年2月15日 (木)

ホーボー日記

和剛丸の船長芦川さんは宮古島ツアーを全面プロデュースしてくれた。

早速、空港からまずは飛行機チケットの手配をしたりLIVEのチケットを売ってくれたりしたオゴエ!コンシェルジュの玉元さんが経営するオキナワ宮古市場に立寄りご挨拶。

「いや〜!ポスターで見るより良いね〜。僕も良くキムタクに似てるってかみさんに言われるんですよ〜〜」(後で奥様にも会ったが、もとアナウンサーで超美人!!)

いきなり笑わされてしまった。

それから食事を済ませて、今回LIVEのサポートをしてくれるというBANDが待つLIVE BAR  JANG JANGに向かった。

ママの七重さんは相変わらずスレンダーな身体で5年前とは変わらずSEXYないでたち。今日が誕生日と言う事でBIRTHDAY SONGトランペットが奏でた。

カウンターに集まっていた人達がメンバーで、みんな優しい笑顔で迎えてくれた。

少し風邪気味のVocal,Guiterしんぞうさん。石田長生さんや桑名晴子さんのボーヤを長くしていたと話す言葉はあきらかに大阪弁

やっぱり大阪人はどこにでも生息しているな.......。「BUDDYしよ!」だって。懐かしい曲名をきいた。

そして、歯医者さんをしていると話すBassのたもつさんは、私の二枚組のアルバム「Honky Nonky KEIKO」の大ファンと言って「サラヘヨ」がしたい〜!なんて言ってくれた。嬉しいな。

そしていかにも宮古島で生まれたって感じの濃い顔をしたPer.ヒロヤスさん。(かなりの大酒呑みで豹変するところもあるらしく後にエロヤスと言うニックネームに落ち着いたが.....ちなみに奥様は幼稚園を経営する保母さんとか....奥さんの前では借りて来た猫のようになっていたのが忘れられない!)トランペットを吹いていたのは彼だった。みんな音楽好きなんだな〜


Saxを吹くと言うエリコちゃん。東京から移住してまだ1年と少しとか。素朴でやさしい紅一点。

最後に同行のSinger song writerの理と同じ年のゆうくんJAZZ Guiterを弾くらしい。落ち着いた笑顔は大人っぽく。とても理と同じ歳とは思えない!?
仕事は何してるのと聞いてみると郵便配達とか。

なるほど人の気持ちを運ぶ大事な仕事だものね.............。


 

ひとしきり親睦会が済んでもう一つの開場、雅歌小屋に向かった。
昨日まであったと言うステージは私達の為に店の中央に広く大移動中とかでまだ工事中!!すごい!!さすが宮古!!!!
マスターと久しぶりの再会をして一杯。

きゃ〜!!この飲み会はいつまで続くのか..................。
那覇からの疲れもあって限界に達していたが、最後の一件。と、和剛丸の船長芦川さんはがははは〜と大きく笑った。

宮古島の夜はどうやら10時ぐらいから始まる様子。
雅歌小屋には12時を過ぎた辺りから常連さんが集まりだしてくる。


恐るべしおとおり(本土では一気呑みの事)の島、宮古!!!!!!


|

« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »

ホーボー日記(〜2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/5471368

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー日記:

« ホーボー日記 | トップページ | ホーボー日記 »