« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の53件の記事

2008年3月30日 (日)

ホーボー日記(2008.3.30#3)

嬉しい報告をもらった。

いつも一緒にLIVEに遊びに来てくれていたカップル。
西荻窪の「のみ亭」でのLIVEの時にゆっくり話してみたがサイクリング仲間だけでつき合っている訳じゃ無いって言っていた。

ふう〜ん。と、私は不思議そうに答えたのを覚えている。

でも、LIVEの時はいつも一緒なんだもの..........
気が合うんじゃないの?
駄目なのかな.............

なんてお節介なおばさんのような気持ちでいたのよ......
実は............。

今夜のLIVEで客席から二人、左手をかざしてくれた。

きゃあ〜〜〜〜

薬指にはシルバーリングが!!


おめでとう♥♥♥


末永くお幸せに。

二人にこの曲を送りたいと思います


『愛、抱きしめて』

作詞・作曲/あずみけいこ

愛はまるで 花を咲かせるようなもの
愛は毎日 話しかけてあげること
愛は毎日 光を浴びて大きくなる
愛はたやすく 傷ついてしまうものさ

だから 優しく Tenderness


愛はひとりじゃ 旅を続けられないものさ
愛は時々 行き先が見えなくなる
愛は時々 光を閉ざしてしまう
愛はたやすく くたびれてしまうものさ

だから 優しく Kissin' Heart


愛はまるで 色づく季節のようなもの
愛は毎日 移り変わってゆくもの
愛は毎日 深くふれ合ってゆくもの
愛はこんなに 愛しい愛しいものさ

だから いつも 抱きしめて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.30#2)

ホーボー日記(2008.3.30)
ホーボー日記(2008.3.30)
リハーサルをしている間に雨が降り出していた。

寒い・・・

今日は花見の誘いがあったけど・・・
今頃、皆引き上げて何処かの居酒屋ででもたむろしてるンだろな・・・

この雨で桜は散ってしまうンだろうか・・・

ン?今夜のイベントタイトル『桜、散るブルース』って・・・
雨降る事知ってたの?

桜、みにいこう・・・

うわぁ満開だあ・・・

3年前はここに淋しく夜桜を見に来たな・・・

花園神社でライヴ成功祈願

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.30#1)

ホーボー日記(2008.3.30)
ホーボー日記(2008.3.30)
久しぶりの丸ノ内線。

今日は新宿HOLIDAYでのイベントライヴ『桜、散るブルース』

いつもの住友銀行出口から歌舞伎町へ。

まだ青春18切符ツアーの続きのような気分で思わずシャッターを切る

初めて行ったNEW YORKでも同じように地下鉄から上がる階段から写真を撮ってたな・・・と、ふと思い出した。

最近、あの頃の昔の仲間とまた繋がってきてるな・・・・ふふ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ホーボー日記(2008.3.28)

ウウんンン・・・・・・ン

全く自分が何処にいるのかわからなくなる程熟睡していた。




青春18切符ツアーの終わりは結局時間を買う形になってしまった。

新幹線で2時間半、リハーサルに間に合うように大阪から戻ってきた。

リハーサルは17時から2時間。

久しぶりに新鮮なセッションができた。
ギターリストの理が風邪で急遽欠席したので、持っていたギターを弾く事にした。

私からはまだ旅の匂いがしているのだろう。

メンバーも久しぶりの私のギターを楽しんでくれている。

『NEW JAPAN』との関係も大人っぽくなってきたな・・・・・・

こうして時間って重なっていくんだな・・・・と、時の流れを実感。



ベースのトムはお店の開店準備をすると言う事で一緒にG街へ向かう

あふれる程の人、あちこちから聴こえる外国語。

すえた匂い、連鎖する車のクラクション。

歌舞伎町は何処か知らないアジアの街へ来たような・・・そんな気分にさせる。

新宿の街の喧噪が不思議と懐かしく思えている自分に驚く。

区役所通りに出た時、旅立つ前のあの晩、タクシーまで見送ってくれたやくざの大ちゃんの横顔を思い出した。

街は何も変わっていない・・・・・・が、確実に私の中の何かが違っていた。




ウウんンン・・・・・・・ン

私は夢の中で色々な街にでかけて色々な冒険をしている。

来る日も来る日彷徨い歩いて、人に会って酒を酌み交わし、心通わしそしてわかれ、そしてまた新しい街に逢う。

まるで野良猫のようだな・・・・と夢の中で思っていた・・

このまま流れて行けば何処かにたどり着くのだろうか・・・・・・





目を見開いてやっと東京の自宅に戻ってきたんだ・・・・・とわかった。



ふう。長旅だったな。

ブラインドから差すひかりを浴びて大きくのびをする。


久しぶりの自分のベッドに心も身体も癒される。
このままベッドに潜り込んでいよう・・・・・・


もう少しだけ・・・・

飼いならされた猫のように・・・・・・




                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

ホーボー日記(2008.3.26)

ホーボー日記(2008.3.26)
大阪最後の夜が静かに静かに深くなっていく・・・

今回の旅は守られてるな・・・と心に強く感じる瞬間がたくさんあった。

昨年起きた様々な哀しい出来事が遠い昔のように感じられた。
どんなに深い闇でも永遠ではないンだよな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

ホーボー日記(2008.3.25#2)

ホーボー日記(2008.3.25)
ホーボー日記(2008.3.25)
ホーボー日記(2008.3.25)
今年で10周年を迎えるアルリコルド。
美味しいワインを料理に合わせて出してくれる大好きなお店。
5月5日10修年のイベントで歌う事が決まっているので曲の打ち合わせに。

チケットにもしっかり名前とクレジットが写真付きで掲載されてある。

お店のオーナー修ちゃんは田原俊彦に似たいい男。
良く俊ちゃんの物まねをしていたとかで、カウンターの中で足を高くあげて見せてくれた。

まだまだやるね・・・
哀愁デイトって曲ぐらいなら知ってるよ・・・

かけてくれる音楽にいつもワクワクさせられているが、今回レコードで聴いたピアフには感動して涙が出てきた。

その後、西天満の老舗のBARアフターアワーズへ。

上野さんはファンクラブの会長でもある。(会員は3名だけだが・・・)
ファーストアルバムのライナーノーツもお願いした。

G街劇場2FのBAR恒城で昨年の骨折までわがままにやっていた、毎週木曜日だけの醤油味たこ焼きの味はこのアフターアワーズから参考にさせて貰っていた。

最近おじいちゃんになったと嬉しそうに話ているのを聞いて驚いた。

酔ってカウンター越しにブルースを歌ったのがきっかけで大事にしてもらってる。
あれからもう16年は経ちましたね・・・

いつも笑顔の会長・・・
変わらぬアフターアワーズであって欲しいですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライヴスケジュール(2008.3.30)

3月30日新宿HOLIDAY

新宿ホリデイ・ナイト08(桜、散るブルース)

出演:恭子バンド

   ザ・パーマネンツ

   辻本裕之

   成瀬 昭

   阿部まさし

   宮腰 理

   あずみけいこ

   浜ユウスケ

   TAMAYO+椿会

開場:16時半  開演:17時

¥3000(drink別途)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.25#1)

ホーボー日記(2008.3.25)
ホーボー日記(2008.3.25)
ホーボー日記(2008.3.25)
青春18切符ツアーも終盤を迎えそろそろ帰りの事を考え始めている。

切符は後2枚。

時間的に考えれば新幹線を使って帰るべき。しかし、節約したいし残りのチケットはどうしよう・・

格安チケットのお店がたくさん入ってる駅前ビルの地下街へ行ってみると「青春18切符買取」の看板発見!
すごい!そんな技が使えるのか・・・
よし!その手で行こう

買取の価格は店によって違う。
格安チケット屋が100件以上も軒を連ねる大阪駅前ビルの地下街。

値段を聞きながら色々調査開始。
どうやら売るにはいいタイミングの時期だそう・・・そして、数枚使ってから残りを買取って貰う方が一枚当たりがまた幾らか安くなるとか・・

最終的に5350円が一番高値の買取金額だったのでそれで手を打つ事にした。

何だか旅の友であった青春18切符を手放すのが少し寂しい気持ちもあって写真を残しておいた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

ホーボー日記(2008.3.22)

ホーボー日記(2008.3.22)
ホーボー日記(2008.3.22)
ホーボー日記(2008.3.22)
ホーボー日記(2008.3.22)
ホーボー日記(2008.3.22)
ミナミの街は変わり続けている・・・

特に最近この長堀と御堂筋の交差点はキラキラしてるな・・・

今夜はBARヘミングウェイ の10周年パーティーに呼ばれて歌う事になっている。鰻谷の懐かしいビルを6Fへ。
入り口が花で埋めつくされている
フラメンコの歌と踊りがお店を盛り上げている。

オーナーの松野氏とはもう20年来の知り合いとなる。
シェリー酒は呑み放題らしい。
カウンターにはワイングラスにシャンパングラスも並んでいる!
あ!あそこにいるのは・・イベリコ豚か・・・

人が一杯で熱気が溢れてくる。

ライヴは、久しぶりに初めて知り合うお客さんにも私の歌が届いたかなと思える夜だった。

それからミナミはまだまだ続いたのだが・・もうヘトヘトだった・・・

しかし朝まで頑張ったご褒美に朝焼けが綺麗だったあぁぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ホーボー日記(2008.3.18#5)

ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
連れて行かれたのはカラオケの歌える大人のオカマバー。

ミナミでは初体験だ!

ピエロのようなメイクのおじさんはアンダーグラウンド小劇場の物語から抜け出して来たよう・・・
そこで何を話したのか・・・ほぼ覚えていない・・・カラオケを歌って久しぶりに気持ち良かった事はしっかり記憶にある。

かっちゃんの店ぽれぽれに戻って乾杯をしたところまで記憶はある・・・

いつの間にかぽれぽれのソファで眠ってしまっていた。

慌てて飛び起きて店を出た時には、もうすっかり街は動いていた。

薄暗い・・・
雨か・・・?

こんな天気の日はこれからでもゆっくり眠れそうだ・・・

とにかく早くベッドに横になりたかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.18#4)

ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
たこ焼きで良く知られている味穂のマスターにバッタリ会う。

チューハイをご馳走して貰うが何処か外に遊びに行こうって事になりオカマBARへ。

ぽれぽれの窓が開いている。

かっちゃーん!

かっちゃんが窓から顔を出した・・・

後でよるわー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.18#3)

ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
帰りにステーキサンドを食べにLUCYに行こうって事になった。
スギヤンとゆっくり話ができるのも久しぶりだ。

冷たいビールにスギヤン特製ステーキサンドは美味い。何だか夜中にまた元気になってきた。

三ッ寺の夜はまだまだ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.18#2)

ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
えんのヒロ子姐さんと豊後屋へ。ライヴに来てくれていたぶんちゃんに会いに。

春野菜の天ぷらやホタルイカの沖漬け。
日本酒との相性は最高・・・ホント、日本に生まれて幸せだなとしみじみ思う。

そういえば博多でもそんな事を話したな・・・

ぶんちゃんは奥さんのともちゃんと二人共が西成の出身。
気合いが入っている

豊後屋で美味しい春をたくさんいただいた後、鎌倉研さんのBARへ。

研さんは刑務所を慰問で歌ったりもするシンガーソングライター。2ケ月前に開店したBARは研さんと奥さんのゆみさんの趣味の良さが気持いい。
研さんのマスターぶりは、とても2ケ月前に始めたとは思えない程板についている。
少し酔うと歌ってくれた。
加川良さんの「女の証」をせがむと経験豊富な男鎌倉研さんが歌う「女の証」に思わず涙してしまう女が三人

気持いい時間がゆっくり流れている・・・

えみちゃんの笑顔は最高にあたたかく、母性に溢れていた・・・

私も「手紙」を歌う

ミナミの夜は何処まで続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.18#1)

ホーボー日記(2008.3.18)
ホーボー日記(2008.3.18)
もう10年の付き合いになるヘアアーティストの近藤さん。
結婚を機に以前の美容室を退社。そして私は東京へ。

一年程前に復帰している事を知ってから再びの付き合いになる。

黒髪を春らしい色に変えた。
軽くフワフワした感じにしたかったから・・・。
パーマも何だか新鮮

心がウキウキしてくる。

軽やかな気分になった

この時間・・・いいな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

ホーボー日記(2008.3.16#2)

ホーボー日記(2008.3.16)
ホーボー日記(2008.3.16)
ホーボー日記(2008.3.16)
ホーボー日記(2008.3.16)
ホーボー日記(2008.3.16)
わずか20名で一杯の「えん」。
カウンターの中にも何人か立ってくれている。

わぁ・・久しぶり至近距離でのライヴ・・

いい緊張がみなぎってくる。

ゆっくりと旅の話をしながら進めて行った。

ステージが楽しい。
とっさんとのコラボレーションも、いい緊張感の中で立体的に膨らんでいく。

持ってきたCDも良く売れている。
やった!嬉しいな。

お客さんの半分は打ち上げにも参加。
最後はとっさんと二人でBar HEART BREAK HOTEL で沈没。

久しぶりの大阪ミナミの朝焼け。
昔を想い出して・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.16#1)

ホーボー日記(2008.3.16)
今夜は久しぶりに「えん」でのライヴ。

ママであるヒロ子姐さんは長い髪をひっつめて、お客さんに出すサンドウィッチ作り。うさぎや山本夫人のとしぼうも、すっかり二杯目のビールを呑みながらお手伝い。

セッティングからリハーサルとライヴ前はバタバタしてすっかり写真の事など忘れていた・・・。

ライヴ前に通りがかった店の前に薔薇の花びらが・・。

アスファルトの上の花びらの赤い色が旅を想いださせる・・・・・

今夜はリラックスしたいいライヴができそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

ホーボー日記(2008.3.14#5)

佐賀駅からバスに揺られてお墓に到着。
すっかり天気も良くなって、お墓の掃除も済ませ、ありったけの線香を焚いて、ご先祖さまにゆっくり話かけてきた。

気持も身体もすっきり。

全ての事が大丈夫に思えてくる・・・。

さあ、大阪に戻るぞ!

今夜は16日えんライヴのリハーサルだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.14#4)

ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
うわッ!ここ何処?
慌てて荷物をつかんでドアへとむかう。
しまったァ!眠ってしまった。
あまりの快適さに・・・油断してしまった。
切符を窓際に残したまま走り出ようとしたからドアがしまったの・・・か?

次は10分先の備前山口。

吹きさらしのホームに投げ出された。

一瞬吹いた北風。ぶるぶルゥッ

守られてると思って気を抜くンじゃないッ!と、ご先祖さまからカツを入れられたのか・・・

旅情の文字にジンンンッときた。

暫くすると風も止んで太陽が暖めてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.14#3)

ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
博多から佐賀まで普通運賃は1080円。鳥栖で乗り換えて約2時間かかる。

窓口の切符売り場で聞いてみると、特急券付きで往復なら2000円で行くと言う。
じゃ、普通運賃より安い。特急券は片道1500円ぐらいしたから料金の安さに驚いた。

さすがご先祖さま。
守られてるなあ・・・

いえぇぇい!特急の旅だぁ・・
うわっ!シートも座り心地最高!!
リクライニングいえぇぇぇい!

速あぁぁい!

約35分で佐賀に着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.14#2)

ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
天神から博多まで行くのはバスが一番安くて100円だと言う。
そう言えば昨日200円で地下鉄に乗った!

曇り

これから佐賀の安住家の墓参りに行く。
綺麗にお掃除したいから雨は降らないで欲しい。
寒いと水が冷たいから北風が吹きませんようにとお願いしながらバスに乗り込んだ。

街は忙しく動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.14#1)

ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
ホーボー日記(2008.3.14)
沖縄料理の屋台を見つけた。
雨の中にどんと構えている屋台は、濡れた路面に跳ね返った灯りでおのずと輝きを増している。
中でどんな芝居が繰り広げられているのかとテント芝居を観る前の興奮を覚えた。

思わず覗いていた。

若い女性が二人ラーメンを食べ終わったところだった。女の子の隣で面白くないオジャレを言っている男性がいる。
思わず大阪弁でつっこみを入れていた!

一挙にお店のお客さん全員との会話が始まった。

24時間営業のTSUTAYAの綺麗なお手洗いを使える有難い屋台。
マスターも同世代でご夫婦仲良さそうで息がぴったり。
年に2度程沖縄に帰っているとか。

羨ましいな・・・

となりに座った男性から焼酎をご馳走になる。
今年の夏にラーメン屋を始めるらしい。

やさしい心の彼のスープはどんな味を出すんだろう。

博多の夜は雨音に包まれてやさしくやさしく過ぎていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

ホーボー日記(2008.3.13#9)

ホーボー日記(2008.313)
雨は少し強くなってきた。何処かに屋台は無いかとさまよい歩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#8)

ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
バスの中から見ていると天神バスセンター辺りに屋台がたくさん並んでいた。

ん・・・地下鉄で天神へ。

天神は雨が降りだしていた。駅で雨宿りしながら携帯の充電をしていたが、途中で注意されてしまう。

これでは写真が撮れない!屋台で呑む前に何処かで何か食べよう・・
宛てもなく街をさまよう。

「いちゃりば兄弟」と書いてある赤ちょうちん。

思わず吸い込まれてしまう。

泡盛にフウチャンプル、しまらっきょう。

沖縄にも行きたいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#7)

ホーボー日記(2008.3.13)
鹿児島から博多まで、ナント!バスで3時間半で戻れると言う。

なかなか充実した旅程をたどっているな・・

リクライニングのシートにゆっくりと座らせて貰って快適に博多まで送り届けてくれた。

そうだ!博多も海がすぐそこだった。

バスで南から入る博多の街の違う顔を見た気がした。

今夜の博多。
何の予定も無い。
街へ出て屋台散策でもしてみよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2003.3.13#6)

ホーボー日記(2003.3.13)
ホーボー日記(2003.3.13)
ホーボー日記(2003.3.13)
路面電車でいづろ駅まで。電車は左にカーブしているが、そのまま真っ直ぐ歩いて行くと鹿児島湾に突き当たる。
急がなければ・・。17時半の博多行きバスの出発まで後45分。

船で渡って往復300円。船は10分おきに出ている。

着いたら、バスで10分位のふるさと温泉観光ホテルでは桜島を眺めながら温泉に入れるらしい。

今回はそんな時間は無い。このところ足を使いすぎて少し疲れているから是非行って疲れを落としたいところだが・・・靴が重く感じる。しかし歩いてでしかたどり着けない・・・

実戦リハビリ・・・か・・・

お腹も空いているから力も出なくなっている。

そういえば教えて貰った、朝10時から開いてるT-BONEの辺りで一番の黒岩ラーメンにも、その2Fのそば茶屋のとってもリーズナブルで独りで食べれる黒豚しゃぶしゃぶも何も食べれていない!
次回は絶対美味いもん食ってやるうぅぅぅ!!

あぁぁもう潮の香りがしてきている。桜島はもうそこなのに・・・レストラン街の建物が邪魔をしている。

車椅子用の長いエントランスのスロープがやけに長く感じる。

・・・やったあ。遂に見た!

ああぁ。生きてるなあぁ。
ハードな旅は改めて生きてる事を実感させられる。

まだまだ
もっともっと
もっともっと生きよう。

私はきっとまたこの鹿児島という土地に戻ってくるだろうと実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#5)

ホーボー日記(2008.3.13)
アイスランドポピー

そう言えばこの花だったなぁ・・・この間のレコーディングの時、HONZIに持って行ったのは・・・
満開に咲いて風に揺れている

はぁははは はぁはあ
いい言葉僕にちょうだい

歌声が微かに聴こえてきた気がする

鹿児島中央駅に戻った。

さぁ!桜島を見て博多へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#4)

ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
濱田酒造伝兵衛蔵に飾ってあるお雛様・・・あんな綺麗なお雛様を初めて見た気がする。

博多の那珂川温泉の銭湯にもお雛様が飾ってあった。

お雛様のりりしさや赤の強烈さに、癒されたり気合いを入れられたり・・・

美しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#3)

ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
焼酎が作られる工程を、説明を直接聞きながら見学出来て色々な事を知った。

さつま芋の蒸された匂いとお米の匂い、アルコールの匂いが入り混じった蔵の中でくらくらしてきた。

気に入って呑んでいる黒麹は、改良されて身体に優しくなったらしいが、麹菌がトガっていて作業をする人を苦しめた為に生産は白麹に移行したらしい。
時代と共に色々な事が進化して、また作られ始めていて、近年また種類が増えているのだとか。

黄麹は日本酒を作る時に使う麹菌で、温度調節が30度以下でないと麹菌は死んでしまうらしい。
暖かい鹿児島では冬場しか作れず貴重なものだとか・・・

始まりは黄麹だったのにね
麹・・生きてるんだね・・
甕にそっと寝かされて、人の手でじっくりと育てられて、丁寧に木桶で蒸留されているなんて・・・
これから、もう少し心していただく事にしよう。

いやあ・・・本当に感謝しながら呑ませて貰おう

濱田酒造の皆様。
突然の訪問にもかかわらず気持良く見学させていただきました
ありがとうございました

私も甕仕込みマイブランドのラベル焼酎が欲しいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#2)

ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
13:26発鹿児島本線。
濱田酒造のある市来まで約30分。
閑な田舎路を2両編成の各駅列車のワンマンカーでほのぼの旅。

小さな駅に降り立った。
すっかり春。
匂いが春。
鳥が可愛い声でうたう

あぁのどかだなあぁぁ

突然の連絡にもかかわらず駅まで迎えに来てくださった鍛冶屋さん。

閑な道をゆっくりと車は走る

ステージに立つときは緊張しませんか?

今日は子供さんの卒業式で式辞を読んだが、壇上で散々だったとか・・・

相変わらず緊張はする。がそれも心地いい。
ステージにいる事を当たり前の事だと思えてきたのかも知れない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.13#1)

ホーボー日記(2008.3.13)
ホーボー日記(2008.3.13)
ひえぇぇええおぉぉああ

しまった!調子にのって呑みすぎてしまったあぁ・・・快適に眠れたって事だな・・・
予定より1時間半も遅れた・・
超過料金1100円を払って、ネットカフェから脱出。

昨夜教えて貰っていた格安チケットで鹿児島から博多までのバスのチケットをゲット。3900円
九州では青春18切符を使う方が高くつく。(これは良い事を知った)

さあ。路面電車に乗って鹿児島中央駅に向かう。

今日は少しスモッグがかかっているがとても暖かい。一挙に花が咲いたよう・・楽しそうに花は風に揺れる

まだまだ暑くなりそうだ。

着ていた皮ジャンをリュックにしまう
これから鹿児島中央から電車で北上。

コマーシャルソングを歌っている「隠し蔵」の故郷、濱田酒造を尋ねる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

ホーボー日記(2008.3.12#6)

ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
T-BONEのマスター本山さんはおぼろげながら、アズミーズでやってきた私を覚えてくれていた。

15年以上前に一度来ただけなのに・・・
よく来たね。

と、大歓迎してくれた。

呑みに行こうと午前2時に店を閉めて名もないBARに連れて行ってくれた。
カウンターに座っていた女性は奥様の美帆さん
そしてカウンターの中の若い男性岩下さんも一緒に。
マスターも初めてこのお店に来れたと言う。
美帆さんも顔色一つ変えず楽しそうに呑んでいる。
足を骨折した経験のあるもの同士話が盛り上がった。ミュージシャンとしてのおつきあいがあると言う、この店のマスターは私のCDを気に入って買ってくれた。
嬉しいな。
本山さんも買ってくれた。
幸せだな。

郷土料理が食べたいと話していると「きびなごでごあす」と言って素揚げのきびなごを出してくれた。

あったかい気持ちが独り旅の寒い心をあっためてくれた。

明日ホントに今夜計画立てた事は出来るのだろうか・・・

しかし、この楽しい時間はいつまでも続いて欲しい・・・

鹿児島の夜は黒霧島の海に沈んでいくように過ぎていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.12#5)

ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
シャワーを浴びてすっきり。
23時。
さあ街へ出よう!

鹿児島と言えばGYPSY WOMANのキーボーディスト永田雅代さんの出身地。
何と!T-BONEはネグラのネットカフェから徒歩5分の所にあると教えてくれた。

とにかく情報はT-BONEでゲットすれば良い。

ビルを2Fへ上がったところに懐かしいロゴを発見!
たくさんの知ったミュージシャンとマスターが写っている写真が入口のケースに収められてある!

22年の歴史・・・

ドアをあけるとカウンターの中に若い男性が立っている
この人はマスターではない。
団体がテーブルを囲んでいる。今夜のライヴの打ち上げかな・・・?

遅くに独りでやってきた私。

カウンターへと促される

売り物のCDの入ったリュックを降ろし席に座る

ふうぅぅ・・
ため息が思わず出た

カウンターの端で呑んでいた女性も「どっから来たんだ・・・この人・・」って感じだったが・・

三人はそのため息をきっかけに話が始まった。

明日の予定がどんどん見えてくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.12#4)

ホーボー日記(2008.3.12)
路面電車に乗って天文館通りへ向かった

アーケードの中から聴こえてくる太鼓の音に誘われて左右に別れた天文館通りを右へと進む。

この街はどんなふうに広がっているンだろう・・・

先ずはネグラを決めなければ・・・
夜の繁華街をウロウロ歩いてみる。
サウナ。男性のみ。
ホテル一泊安くて3900円。・・・何とかもっと安く。
お腹が異常に鳴りだした。何処の街も繁華街としてはあまり変わりはしないが黒豚、薩摩地鶏、鰹ラーメンと気になる看板が目に入る。しかし一人で食べるものは微妙に決めきれず。
心は先ずはビール一杯と言う感じだ!そうだ素敵なBARで一杯呑んで街の事を教えて貰おう・・・
ん・・酔ってしまっては宿にたどり着けない

そうだ!ネットカフェを探そう。時代は便利になったものだ・・・
すぐに見つかった。
天文館通りで一番安いと書いてある。
12時間で1500円。
シャワー室は500円。
タオル、歯ブラシ、カミソリ、シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーも完備
素晴らしい!
バックパーカーには最適!青春18切符ツアーには最高のシチュエーション
すぐに決めてとりあえずシャワーを浴びる事にした。既に22時をまわっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.12#3)

ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
鹿児島中央駅に到着。

うぅぅむ ここでいいのだろうか?綺麗な駅だし見覚えが無い・・
そう言えばAZUMI(大阪在住のギタリスト、以前同じ名前と言う事もあってアズミーズというDUOを組んでいた)さんと初のツアーで来た時は福岡からバスに乗った・・・

鹿児島駅ってのもあるぞ。

ん・・・取りあえず本屋に行ってタウン紙を見てみよう。そしてライヴハウスの情報を得よう!

・・本屋さんからは何の情報も得れず電話帳と104でライヴハウスT-BONEを検索するが出てこず。

そうだ大阪から地元の枕崎に戻って鹿児島を中心に歌っている新町さんに連絡してみよう!

しかし、連絡取れず。

あらまぁ・・・
こりゃ、どんな夜になるんだ?

観覧車の間に見える月が微笑んで見えた

ま、何とかなるでしょ・・
とりあえず天文館通りと言う繁華街まで行ってみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.12#2)

ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
後1時間程で鹿児島中央。

肥薩オレンジ鉄道に堪能させてもらった。

鹿児島の夕陽を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.12#1)

ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
ホーボー日記(2008.3.12)
現在博多から鹿児島に向かって青春満喫中!

天気もいいからぽかぽかあったか、のんびり各駅列車の旅も楽しい・・・

しかし、つばさって早そうな列車に乗り、鹿児島を早く満喫したい・・・

いや、ダメだ!今と言う時間を楽しもう!
・・何度も頭の中の天使と悪魔の会話に翻弄され、空っぽの心になかなかなれず・・・

ふっと、停車駅の名前を見てみると「はるだ」(原田)。「ホントそのとおりだ」と、駅の看板に突っ込みを入れている自分が・・可愛い

鹿児島に行くには八代から肥薩オレンジ鉄道に乗らなければ今夜鹿児島の夜をゆっくりできそうにない!
泣く泣く2000円を払って乗り込んだが、海沿いを行くほのぼの列車。
夕陽が綺麗に見えたらいいな・・・

少し旅気分が出てきたぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

ライヴスケジュール(2008.3.16)

3月16日@えん(電話:06-6211-1507)大阪ミナミ日宝三ッ寺会館2F

*要予約

開場6時  開演7時
2500円 ドリンク別途

あずみけいこ(Vo.G.Harp)withうさぎや とっさん 山本(Mandrin)

完全生音のレアライヴです!久しぶりに遊ばせてもらいます。

遊びに来てチョンマゲ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.10)

ホーボー日記(2008.3.10)
ホーボー日記(2008.3.10)
ホーボー日記(2008.3.10)
ホーボー日記(2008.3.10)
ホーボー日記(2008.3.10)
大阪での激動の日々が過ぎ、やっと九州へ向かう列車に乗り込んだ。

何と長い5日間だった事か・・・。
旅だなぁ・・と、今だから振り返って言えるけど・・楽しかったな・・と、今だから言えるけど・・・

青春18切符で小倉まで行って23:29小倉から2050円追加で博多入り。

疲れた.......

やっぱり新幹線はあっと言う間。
携帯の充電をしながら歯を磨いている間に博多に着いた。

なんじゃそりゃ

鰯の腹に明太子を詰めた焼物に冷たいビールは最高に美味かった。

さぁ・・長い夜が始まるぞ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ホーボー日記(2008.3.8)

ホーボー日記(2008.3.8)
ホーボー日記(2008.3.8)
ホーボー日記(2008.3.8)
教会での挙式は初体験

ライヴが終わった翌朝で、睡眠時間2時間はちょっときつかったが、全てが順調に進んでいった。

パイプオルガンの音が耳に心地いい・・・

可愛い教え子の為に歌おうとするが、オクターブ下でないと声が出ない・・・
おっさんのような声じゃ何だか申し訳ない・・・

心の中で元気に歌った

斜め後ろの方から本気で上手な讃美歌を歌う美声が聴こえくる・・・
何だか攻められている気分になった。

結婚式には今だに縁が無く、どうもこの神聖な雰囲気にそぐわない気がしてならず、いつまでも居心地が悪かった。
どちらかというと写真家の仕事ぶりが気になってしかたがなかった。

花嫁は予想通り美しかった。幸せになって欲しいと心から願った。

そして、私はもう結婚式などできないな・・と実感した。
あまりにもアウトローに生きすぎてしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

ホーボー日記(2008.3.7#2)

ホーボー日記(2008.3.7)
ホーボー日記(2008.3.7)
ホーボー日記(2008.3.7)
ホーボー日記(2008.3.7)
昨年9月7日に生まれたばかりの陸人を連れて関空に到着したキーボーディストの永田雅代さん。

出産後、初の二人旅らしい・・・泣かないように乳首を吸わされていた陸人くん。
流石に離陸と着陸はちぎれそうなぐらい吸い付いていたとか・・

良くきたね。

急に雲行きが怪しくなって雨がパラパラ。
心配もつかの間、なんば駅からのバスも運転手さんのご親切と機転でスムーズに乗り継げて、無事に弁天埠頭の加藤汽船のターミナル後にある会場「吟遊詩人」に到着。

港に吹く風が強くて冷たい。今夜はどのくらいの人が遊びに来てくれるのだろうか・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.7#1)

ホーボー日記(2008.3.7)
ホーボー日記(2008.3.7)
ホーボー日記(2008.3.7)
千日前の裏手の洋食屋に入ろうと写真を撮っていた・・・

ドライカレーで有名な自由軒と迷う・・角を曲がると懐かしい老舗の洋食屋重亭。
「そこはワシも入った事あるけど美味いで」とおじさんに声をかけられた。

さすが大阪!

今回の旅、声をかけられるのはこれで2回目。
よほど大阪人に見えないおのぼりさん状態なのだろう・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ホーボー日記(2008.3.6#2)

ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
遂に母がキレた!!

酔って帰って来るのに決まってるでしょ・・

私だって色々気をつかってるよ・・・

あぁあ。荷物をまとめて、ひと足先に神戸のホテルに潜りこもう・・・

眠い寒いお腹すいた・・・そして何より荷物が重い!
やはり、長旅は荷物に気をつけなければいけない・・

ホテルのチェックインまでまだ2時間もある・・・
今日は風もなく、太陽があったかい・・・久しぶりの芝生は、良くねっころがっていた扇町公園の岡を思い出した。
よく、路上生活者のおじさんに声をかけられて仲間の長を紹介するからテントで暮らせと言われたものだ・・・

しかし、ここはオシャレな街、神戸だぞ ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.6#1)

ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
ホーボー日記(2008.3.6)
酔っているのは写真を見ればわかる。

確かにまだ暗かった。

ディープエリアから出て、南海なんば駅から実家のある岸和田に向かう電車に乗ったのに・・・

海が見えた!

綺麗な朝焼けも久しぶりに見た・・・

終点の関空まで来てしまったのだ・・良く寝たな・・
関空から震える思いで帰ってきた。
やっぱりまだ朝は冷えるなぁ・・・

飛行機に乗って旅したいな・・・
呑気にそんな事を考えてた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ホーボー日記(2008.3.5)

ホーボー日記(2008.3.5)
ホーボー日記(2008.3.5)
ホーボー日記(2008.3.5)
ホーボー日記(2008.3.5)
ホーボー日記(2008.3.5)
ホーボー日記(2008.3.5)
今夜もミナミへ。

久しぶりに道頓堀を歩く。20歳の頃は毎晩歩いた道。待ち合わせのドラマもたくさんあった。

その頃に付き合っていた彼と結婚していたら、随分違う人生だっただろうなと、若いカップルを目を細めて見てしまう・・・

あの頃良く行った映画館。今はすっかり変わってしまったけれど、懐かしい・・・

グリコの看板を抑えたい!
バックパッカー気分でパチリ

人混みの中での自分のシャッター音が恥ずかしい。

ファンクラブ「BUDDY」の会員No.2の友人と瓢箪空独楽(ひょうたんからこま:20歳から続けているバンド)のメンバーの一人、とっさんが奥さんと経営している「うさぎや山本」(創作和食)で近況報告会。
会員No.2の彼は新聞記者で、以前は会報紙を新聞の様に制作していたが、今ではデスクとなって本業を全うしている様子。

この間、充電中の為写真は残っていない!

夜中12時過ぎ。
HPの管理人とミーティング。
久しぶりに後藤屋材木商店に顔を出す。(色唄七夜物語ミナミ版はここでしていた)相変わらずの繁盛ぶり。久しぶりの私の登場に皆で歓迎してくれる。
嬉しいなあ・・・
遊びきれない。積もる話も話きれない!

呼び出しの電話連絡が入って、ミナミのディープエリア日宝三ッ寺会館の「えん」へと移動

GYPSY WOMANのモデルとなったアネゴの店。
珍しく、遊び仲間である「ぽれぽれ」の店主もいた。
ある時期、三人は家無き子状態で、良く呑んでは店で寝たり道頓堀川の畔の秘密の草むらで昼寝したり・・楽しかったが苦しかった!

ふう・・今夜もディープに呑んだな・・
大阪に戻って夜の街に出れば静かに暮らせる訳が無い・・・

そろそろ壷の中に戻りたい・・・

クッシャミ一つで呼ばれたからにゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ホーボー日記(2008.3.3#2)

ホーボー日記
ホーボー日記
あったか〜いお風呂に入れて貰って、美味しい朝食を用意してもらっていた。

心も身体もほっかほか!

やっと身体をゆっくり休める事ができた

久しぶりの実家で懐かしい写真を発見!
父方の祖父の若い頃。

ん・・・なかなかの男前

妹もやってきた。

仕事の事をすっかり忘れてしまえる癒しの時間。
家族皆が元気でなにより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.3#1)

ホーボー日記
ホーボー日記
ホーボー日記
今夜の宿はネットカフェ。サウナに振られ、ネットカフェも3時間で追い出しされた。
実家に戻ろう・・・

実家のある岸和田市は、だんじり祭で全国的に有名な土地。
自販機もちょっと違うぞ!
そうか・・・
今日はひな祭り。女の子の節句か・・・

南海電車の駅にはおひなさんが飾ってあった

眠い・・まだ酒が残っているぞ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ホーボー日記(2008.3.2)

ホーボー日記
ホーボー日記
3月2日 Another Dreamのチャーリー追悼ライヴには、160人もの人があちこちから駆けつけていた。

泣いたり笑ったり叫んだりと喜怒哀楽の激しい楽しい夜となった。
皆さんがチャーリーに対する愛で一つになったと言う感じで、ライヴの盛り上がりも異常な程であった!

途中抜け出して久しぶりのヒレ酒にてっちりをご馳走になる。
流石!食いだおれの街大阪イェーイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ホーボー日記(2008.3.1#5)

ホーボー日記
ホーボー日記
近鉄特急はたくさんの女性団体客で賑わっていた。
JRの車内より随分高級仕様に思える。
暖房が利いていてあったかい。
少し広めのリクライニングシート。
テーブルまで付いてある。

持ち込んだ一缶のビールがこれ程まで美味く感じるとは...まるで天国のようだ。

インドのバラナシィからバスでネパールのポカラに到着した時の事を思い出す。

大阪難波に到着。
夜中12時になっていた。
東京から約10時間かけて降り立ったミナミの風景は何だかいつもと違って見えた。

知らない建物のせいか・・

グリコの看板がいつもより輝いて見えるのは、涙のせいか・・

友達がシャンパンを用意して待ち構えてくれていた

ありがたいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.1#4)

ホーボー日記
列車の中は人もまばら

ついに弁当を食べてやった

各駅停車は一々ドアが空いて寒い。

CDを4枚予約して貰えた
名古屋からは近鉄特急に乗るぞ

もう寒さには耐えれない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.1#3)

東京駅を出発してすぐに弁当を広げた。
写真を撮ってごはんを一口。ん.....美味い。
魚の切り身もなかなかいける。
次はこの角煮を・・・

通路を挟んだ斜め向かいに座ったおじさんが不思議そうな顔で私を見ている

やっぱりもう少し後で食べようかな?

そんな事を思ったのもつかの間・・・
直ぐに次の停車駅へ。ドアが開いた途端バタバタとたくさんの人が乗り込んできた。

一口やっと食べただけの弁当を慌ててしまう。
向かいに座る人に膝頭が当たらぬようにほぼ垂直に座り直す。

景色もあまり変わる事なくいつの間にか眠っていた。
気付いたら、窓の外には海がすぐ近くに見えている
トンネルを幾つも潜って出て来る度に春に近づいているようだ。
湯河原は梅林祭りとか・・綺麗に花を咲かせた梅の木に心惹かれる。

そのうち空いてくるだろう。

なんて甘い考えだった。

永遠にゆっくり出来る事なく、熱海で静岡行きの列車に乗り換えても弁当は食べれないまま、荷物の一つとして持ち歩いているだけに終わった。

静岡行きの列車では座る事なく富士山に感動しっぱなし!
いつもは新幹線からサラッと眺めるだけの富士山。
富士駅では目の前に綺麗に見える富士山に圧倒される。
とてつもないパワーが身体中にみなぎってくるような感覚にとらわれる。

列車を乗り降りする人は、富士山があんなに綺麗に見えていても気にもとめず、別に大した事無い顔をしている。
日常の事なのだ。
羨ましいな。私一人窓から身をのりだしそうな勢いで眺めていた。

今思えば、降りてみるべきだった。

帰りはもっと時間的余裕のある旅をすべきだな・・・

携帯の時計は17時17分を表示していた。

夕暮れで西の空は桃色に染まり始めている

まだ半分も来ていないはず・・お腹空いた..............

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.1#2)

ホーボー日記
ホーボー日記
ホーボー日記
15時53分熱海行きの東海道本線。座席が向かい合わせになっている為に旅気分は盛り上がる。

天気も上々

片道2300円の列車に乗って大阪まで行くのに1000円の弁当など贅沢すぎる。が、しかしかれこれ10時間以上何も食べれずの空腹は、お弁当を見るだけでぐうっとサインを送ってくる。

腹が減っては戦ができぬ

体力がなければこの旅は続けていけそうにない

清水の舞台から飛び降りるような気分で、旅のともに1000円の弁当を選ぶ・・・

この時は後の旅がどんなものになるのかも知らず・・・優雅な列車の旅をイメージして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.3.1#1)

ホーボー日記
ホーボー日記
3月1日 レコーディングから戻って休む間もなく準備にとりかかる。気分がハイになっているが、流石に徹夜は腰にくる

荷物をまとめて出発したのは14時半を回っている。
今日中に大阪にたどり着けるか・・・?

まずは東京駅を目指して、JR高円寺駅へと急ぐ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーボー日記(2008.2.29-3.1)

ホーボー日記
ホーボー日記
ホーボー日記
チリンチリンと優しい鈴の音が鳴っている。

遠くの方から聴こえるのだが、夢の中をさまよっている状態の頭の中では、ぼんやりと頭上の壁にかかっているお酉さんのザルの中にある鈴の音だ・・・と思ったのは何故だろう?

夢と現実の狭間を行ったり来たりしながらHONZIの事がよぎる。

音の鳴る方に意識を集中しだしてやっと目が醒めた。
飛び起きて壁に掛かったザルを覗いて見たが、鈴は入っていない・・・

HONZIが鳴らしてたのモーニングベル?

頭がどんどん冴えてくる

そうだ、昨日はBONITAのマイコ(G街のアイドル)と昨年12月以来の約束のさしのみ。
G街すぐ近くの熊本直送「馬ってん」で新鮮な馬の肉を食べた後、G街の音吉に流れて、明日はレコーディングだからと控え目な呑み方をしていたにもかかわらず、やはりG街。
ヤクザの大ちゃんから久しぶりに呼び出しがかかった。虫も殺せない位に優しいこの男がどんな経緯でヤクザになったのかは知らないが、何故か弟のように私をしたってくれる。
散々積もる話で盛り上がってタクシーまで送り届けてくれた大ちゃんに手を振ろうと後ろを振り返って初めて知った。
歌舞伎町の夜にたたずむ大ちゃんはさっきまで私に向けていたやさしい表情とはうってかわって、中堅のヤクザの風格と威厳で、次の行動に狙いを定めるかのように険しい表情を街のネオンが一層明るいところに向けていた。
私は世間での大ちゃんを見たような気がした。
あの優しさがいつか命を落とすような出来事に陥れないかと何だか嫌な予感がした・・・

優しい鈴の音で目覚め、何とか起き上がってHONZI宅に到着したのは、午後3時半を過ぎていた。

春が少し早く訪れたようにあたたかく、玄関を開け放たれた小さな一軒家は、春の息吹を全部取り込もうとしているような柔らかなエネルギーで迎えてくれた。

HONZIの声が今にも聴こえてきそうな程、あちこちにHONZIを感じる。

そう今日はHONZIの家での初レコーディング。
旦那様idehofと、大阪への旅に備えてソロのミニアルバムのレコーディングを急遽決めたのだ。
この新しいサウンドを聴いて貰って、バンドでのフルレコーディングに備えたいと考えている。

出来上がったのは翌朝8時。途中、HONZIの思い出話に花を咲かせたりして、実に16時間で仕上げた
不思議な位の勢いで、全てが順調に進んでいった。

タイトルは『イノリ』と、idehofに伝えると、HONZIが最初にプロデュースしたアルバムタイトルもイノリだったとか

今回収録曲
01 月夜の祈り
02 愛、抱きしめて
03 母のイノリ
04 真夜中のDance
05 ちゅらら風 ライヴより
06 手紙

1000円で大阪先行発売

みんなに気に入って貰えたらいいな

今日から青春18切符ツアーなのに・・どうなるの?
とてつもない準備が待っている・・

鮮やかな紅色の花を満開にした小さな梅の木が、小さく笑ったように聴こえた・・・のも気のせいだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »