« ホーボー日記(2008.3.1#2) | トップページ | ホーボー日記(2008.3.1#4) »

2008年3月 1日 (土)

ホーボー日記(2008.3.1#3)

東京駅を出発してすぐに弁当を広げた。
写真を撮ってごはんを一口。ん.....美味い。
魚の切り身もなかなかいける。
次はこの角煮を・・・

通路を挟んだ斜め向かいに座ったおじさんが不思議そうな顔で私を見ている

やっぱりもう少し後で食べようかな?

そんな事を思ったのもつかの間・・・
直ぐに次の停車駅へ。ドアが開いた途端バタバタとたくさんの人が乗り込んできた。

一口やっと食べただけの弁当を慌ててしまう。
向かいに座る人に膝頭が当たらぬようにほぼ垂直に座り直す。

景色もあまり変わる事なくいつの間にか眠っていた。
気付いたら、窓の外には海がすぐ近くに見えている
トンネルを幾つも潜って出て来る度に春に近づいているようだ。
湯河原は梅林祭りとか・・綺麗に花を咲かせた梅の木に心惹かれる。

そのうち空いてくるだろう。

なんて甘い考えだった。

永遠にゆっくり出来る事なく、熱海で静岡行きの列車に乗り換えても弁当は食べれないまま、荷物の一つとして持ち歩いているだけに終わった。

静岡行きの列車では座る事なく富士山に感動しっぱなし!
いつもは新幹線からサラッと眺めるだけの富士山。
富士駅では目の前に綺麗に見える富士山に圧倒される。
とてつもないパワーが身体中にみなぎってくるような感覚にとらわれる。

列車を乗り降りする人は、富士山があんなに綺麗に見えていても気にもとめず、別に大した事無い顔をしている。
日常の事なのだ。
羨ましいな。私一人窓から身をのりだしそうな勢いで眺めていた。

今思えば、降りてみるべきだった。

帰りはもっと時間的余裕のある旅をすべきだな・・・

携帯の時計は17時17分を表示していた。

夕暮れで西の空は桃色に染まり始めている

まだ半分も来ていないはず・・お腹空いた..............

|

« ホーボー日記(2008.3.1#2) | トップページ | ホーボー日記(2008.3.1#4) »

ホーボー日記(2008年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/10968495

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー日記(2008.3.1#3):

« ホーボー日記(2008.3.1#2) | トップページ | ホーボー日記(2008.3.1#4) »