« ホーボー日記(2010.4.16) | トップページ | ホーボー日記(2010.4.21) »

2010年4月19日 (月)

ホーボー日記(2010.4.19)

2010419

時間のない中での一発録りレコーディング

RAIN DOGSにて1st ALBUM「HONKY NONKY Keiko」のSound プロデューサーである

小笹了水氏(Bass)との久しぶりのセッション

ギターリストは関西でNo.1の情熱のアコースッティックギターを披露してくれる道祖淳平氏

私の最近のサウンドには欠かせない人

プロデュースは岳原遊氏

15年ぶりとなるレコーディングにそれほどの緊張感はなかったけれど

大人になった私の耳には二人の愛情深いやさしい音が流れていた

安心感の中で生まれるJAZZのナンバーは新しいあずみけいこのサウンドのきっかけになりそうな予感がした

|

« ホーボー日記(2010.4.16) | トップページ | ホーボー日記(2010.4.21) »

ホーボー日記(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40465/34413342

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー日記(2010.4.19):

« ホーボー日記(2010.4.16) | トップページ | ホーボー日記(2010.4.21) »